公務員/合格体験記

私は大学3年の5月末にTAC岡山校で公務員を目指して勉強をはじめました。きっかけは他大学に通う先輩から「本気で公務員目指すなら、サポートの充実した公務員予備校に通うべき」とアドバイスをいただいたことがはじまりでした。
TACのパンフレットを見たとき、DVDでの授業スタイルは自分の都合に合わせて組むことができるし、家でパソコンを使って復習することができる点に魅力を感じました。勉強を開始してからは週3〜4本ペースでDVDを見てその日のうちにV問題集で復習することで確実に実力が着いていきました。最初は何から手を付ければいいのだろうかと不安になりましたが、その都度先生がアドバイスをくださり、分かりやすく教えてくださったので困ることはありませんでした。

私は年が明けるまでは、ひたすら開講している講座を受けV問題集で復習し、年明け後冬休みを利用して主要専門科目(憲法、民法、行政法、ミクロマクロ経済学)を完璧に頭に叩き込みました。そういった勉強の内容だけではない、スケジュールや進め方の計画まで相談に乗ってくれるところも予備校ならではの強みだと感じました。

テキストや問題集に関しては、TACで用意してくださる問題集のみでほぼすべての問題が網羅できているので、他に本屋で新たに参考書や問題集を買ったりしなくて良いのは、お金があまり無い私にとって、とても助かりました。

また公務員予備校でなら、同じ目標を持つ仲間と互いに競い合い協力できるので、わからない問題を他の予備校生に聞いたり、集まって面接の練習をしたりと独学で取り組むより効率的に進めることができる点も予備校ならではのメリットだと思います。

合格した今思うことは、公務員試験の勉強を早く始められたことが合格に繋がったのだと思います。目指す業種にもよりますが、教養専門ともに沢山の科目に取り組まなければいけません。
TACの充実した環境の中で早くから勉強に取り組み実力を着けることで合格への距離がグッと縮まると思います。